ブラジリアンワックスの選び方

ブラジリアンワックス使用上のコツ

多くのブラジリアンワックスを使っていて、脱毛をうまく行うためのノウハウがたまってきたので、まとめて紹介します。

肌を清潔で乾燥した状態にする

多くの体毛を効率よく脱毛するためには、脱毛前の肌の状態が重要です。もし、ボディーミルクやクリームなどが付いているとワックスの接着力が保たれずうまく脱毛ができません。汗をかいた状態やシャワーを浴びた後の状況も同様にダメです。オススメなのはベビーパウダーです。赤ちゃんでも使用するベビーパウダーは安全で、肌をさらさらした状態に保ちます。脱毛前に軽くベビーパウダーを振ることでうまい脱毛ができるようになります。

長すぎる毛はある程度までカットする

いわゆるVIOゾーンなど毛が長い部分の脱毛では、脱毛前に短く毛をカットすることがオススメです。一般にVIOゾーンの脱毛は、肌が薄いため痛いです。そのため、この痛みをいかにおさえつつ脱毛するか、と言うのがポイントです。VIOゾーンの脱毛でまず痛いのがワックスを塗るとき。毛がワックスに巻き込まれて痛いのです。毛が長いとワックスを薄く塗ることもできにくく、脱毛の効率も良くありません。毛を2〜3cm程度の長さまでカットしておけばワックスに毛が巻き込まれにくくなります。注意したいのが、カミソリなどを使わないこと。カミソリを使うと毛が短くなりすぎてしまい、逆に脱毛できません。僕はペット用の以下のはさみを使っています。米Amazonの大ベストセラーです。

脱毛はお風呂で

脱毛はシャワールームで行うのがオススメです。ブラジリアンワックスをこぼしてしまっても服や家具などに付着する可能性がなくなりますし、お風呂であれば鏡もありますよね。脱毛が終わったら肌に残ったワックスをそのまま流すこともできます。
気をつけておきたいのが、シャワールームは乾いた状態で脱毛すること。シャワー後などでシャワールームに湿度がある状態で脱毛をすると粘着力が弱まってしまったり、エコシートが濡れてしまったりと脱毛の障害となります。

ワックスは薄く塗る

ブラジリアンワックスを肌に塗るときはなるべく薄く塗るように心がけます。目安は1mm以下の薄さです。多くワックスを塗ると沢山脱毛できるような気がしますが、実際は逆で毛がうまく脱毛シートに密着せず脱毛効果が下がります。結構この「薄く塗る」というのが難しい点で、サロンなどでもエステティシャンの腕の見せ所だったりします。上でも述べましたが、VIOゾーンの脱毛時などには毛を事前にカットしておくのもワックスを薄く塗るためのポイントです。

化粧水で毛穴の引き締めを

脱毛後は毛穴が思い切り開いている状態です。毛穴を引き締めるために、脱毛後に化粧水を使うのがオススメです。冷水パッティングなども同じくオススメです。ちなみにブラビアンカの使用説明書では、毛穴の引き締めのための化粧水使用を必ず行うように書かれています。

 

 

もしブラジリアンワックス使用上の注意を読まれていないようでしたら、合わせてこちらの記事もお読み下さい。
→ブラジリアンワックス使用上の注意